バッキンガム宮殿を観光!衛兵交代から宮殿見学まで見所満載!

image 0

バッキンガム宮殿はロンドンの中心に位置するエリザベス女王が住む宮殿で、圧倒的な人気を誇る観光スポットです。イギリスは君主が女性である珍しい国であり、その女王制度を始めたビクトリア女王がはじめに統治した宮殿でもあります。

イギリスらしさ全開の「衛兵交代式」を含む、バッキンガム宮殿の見どころをたっぷり紹介していきましょう!

バッキンガム宮殿とは

バッキンガム宮殿は現在、エリザベス女王とその他王族数名が住む宮殿です。もともとは、バッキンガム邸と呼ばれていて、今日の宮殿の中核となる建物は、1703年にバッキンガム公爵のために建てられたもので150年間以上も私有地でした。1761年からは王家のジョージ3世によって統治され、レンガ作りだったものから今のような宮殿に改装されました。 そして、1837年にビクトリア女王が即位されたときにバッキンガム宮殿へ移り住み、正式な英国君主の宮殿になりました。

おすすめの見どころ

見どころは大きく分けて3つです。

・美しい外観
  いつでも見学可能

・衛兵交代式
  ほぼ隔日で見学可能

・現在も使用される珍しい宮殿の内観(宮殿見学)
  夏期限定で見学可能

超絶美しい宮殿の外観

訪れた人を圧倒する美しい外観がこちらです。ドドン!

外観は年中いつでも(柵の外から)観ることができます。

続いて宮殿外観以外のチェックポイントをお伝えしましょう!

ビクトリア女王のモニュメント

トラファルガー広場・セントジェームズパークの方面から来た場合、はじめに目に飛び込んで来るのが、宮殿前に位置する巨大なメモリアルの塔です。塔のてっぺんには「ビクトリア女王」のモニュメントがあります。このビクトリア女王はバッキンガム宮殿に住むこととなった最初の君主です。

宮殿の前に構えるこのモニュメントの周りには、いつもたくさんの観光客や若者が腰を下ろしています。

宮殿屋上の旗

宮殿の屋上に掲げられている旗ですが、実は2通りあります。

一つ目は、王室の旗(The Royal Standard)です。これが掲げられていたら”女王様(王様)が宮殿の中に在宅している“ということを意味しています。

二つ目はご存知の通りイギリス国旗、ユニオンジャックです。この旗が掲げられている時は、女王は外出中になります。夏の間は、女王は別邸にいますので、ほとんどこの旗になります。

近衛兵

バッキンガム宮殿では英国陸軍の近衛兵(Weish Guard)が衛兵勤務を行なっています。

たまに行進をしますが、一日中じっと動かない近衛兵の方々を見るとさすがイギリス軍!としか言いようがありません…。

メインゲートの紋章

宮殿の前には立派な門があります。その門にはイギリスの国章があり、めちゃくちゃかっこいいです。

忘れず、チェックしてみてくださいね。

衛兵交代式

イギリスといえば、赤と黒のコスチュームを着たイギリス近衛兵が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。そんな衛兵の交代式が頻繁にバッキンガム宮殿で行われていますので、見逃さないようにしましょう!


photo by visitlondon.com

“Guard Mounting”とも呼ばれる衛兵交代式(The Changing the Guard ceremony)では、衛兵連隊の交代を見ることができます。この交代式は、セントジェームズ宮殿とバッキンガム宮殿で行われています。

公式サイトはこちらです。

衛兵の服装は季節ごとに変わる!

暑い時期/寒い時期でコスチュームが異なります。大きく分けると2パターンありますので、楽しみましょう!細かく分けると様々あると思いますが、多数の歩兵部隊の服装が変わることはざっくりイメージしてください。

春夏は、よくイメージされる赤と黒のコスチュームです。冬はとても寒いので、グレーのコスチュームをまとっています。

いつやるの?

月曜日、水曜日、金曜日、(土曜日)、日曜日に天気次第で、実施されます。

毎日交代式をやるのかと思いきや、やらない日もありますので注意が必要です。基本的には、午前10:30から音楽の演奏が始まり、交代式は11:00開始となります。ただ、スケジュールは変更になることも多いので、事前に時間をチェックしてから行ってくださいね。

一番見やすいDate&Timeスケジュールはこちらのサイト(英語)をご覧ください。画面の下部にあるカレンダーで日付を選択して日程を確認しましょう!

参考に公式サイトBritish Army Websiteも載せておきます。

所要時間

1時間15分程度

おすすめの観覧場所は?

正面の入り口から衛兵が出てきます(赤い矢印)ので、黄色で囲った部分が一番おすすめするスポットです。

宮殿の門前のゾーンは、門の中での細かな衛兵の動きを見ることができるところが良いです。門から衛兵が出場するのも見えるので悪くないでしょう。

ビクトリア女王の記念碑近くの台座から交代式を見るのもおすすめです。まさに、交代する衛兵が出場するのを正面で見ることができます。

出場した衛兵たちは左、右へと行進していきます。

衛兵式の動画を載せておきますので、気になる方はご覧ください。

現在も使われる珍しい宮殿の内観

夏限定!宮殿内の見学が可能です!

もし、夏の間にロンドンを訪れる予定なら、宮殿の内部見学に参加してみてはいかがでしょうか?現在も使われているバッキンガム宮殿ですが、女王が夏の時期には避暑地で生活する(ウィンザー城など)ため、宮殿が一般公開されます。

見学可能時期

夏の時期(7月中旬〜9月末頃まで)
※詳細はこちらのOPENING TIMEをご覧ください。

営業時間

9:30-19:00 / 9:30-18:00 ※時期による

最終入場時間は1h45m前です。チケット購入に時間がかかることもあるので早めにいきましょう!

入場料

大人:£24.00

60歳以上/学生 :£22.00
17歳未満/障害者:£13.50
子供(5歳未満) :無料

夏の時期の見学を考えている方は、こちらの記事で詳細をご覧くださいな!

まとめ

いかがでしたか?衛兵交代式はタダで観れて、時間午前中お昼前に実施されるため、有意義に時間を使うことができますね。観光は限られた時間ですので、見どころはしっかり抑えて充実した旅にしていただきたいです。

それではラブリーな旅になりますように…



記事がLovelyだったらポチをお願いします♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ


tami

ロンドンに住むアラサーレディ。TokyoとLondonを中心に活動中。趣味は旅行でヨーロッパ旅行を記事にする。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です