ドイツの世界最古クリスマスマーケット「ドレスデン」を楽しむ!

image 1

出典:dresden.de

クリスマスが近づいてきて日本では徐々にクリスマスムードとなっていますが、ヨーロッパではクリスマスシーズン真っ只中です。今回は、クリスマスマーケットの本場ドイツのマーケットを紹介します。

ドイツでは三大クリスマスマーケットというものがあります。「世界最古のドレスデン」「世界一有名なニュルンベルク」「世界最大のシュトゥットガルト」の三つです。

そのうち今回は、世界最古のクリスマスマーケット・ドレスデンシュトリーツェル・マルクト(The Dresden Striezelmarkt)を紹介します。
見どころから開催時期・場所に至るまで、気になることをまとめました。

ドレスデンのシュトリーツェル・マルクトとは(歴史)

世界最古のクリスマスマーケットといわれる「シュトリーツェル・マクルト(Striezelmarkt)」について紹介します。

ドレスデンはドイツの東の端に位置していて、東ドイツの中で最もクリスマスマーケットの数が多く、最も古くからクリスマスマーケットが栄えたドイツ都市の一つとされています。その中で、世界最古として知られている「シュトリーツェル・マクルト(Striezelmarkt)」はもともと15世紀に始まりました。

Striezelmarktの名前にあるシュトリーツェル(Striezel)とは、シュトレン(Stollen)を意味するドイツ語です。シュトレンは甘くて美味しいお菓子で、諸説はありますが、ドレスデンが発祥地だといわれています。

もともとドレスデンでは、鉱業、木工、陶器などの伝統的な地元産業が発達しており、他の地域よりもはやくクリスマスマーケットが開かれるようになりました。
伝統工芸の一つに、クリスマスアーチがあります。昔は、クリスマス前の最後の就業日に鉱夫が鉱山の入り口からろうそくを吊るすためにクリスマスアーチが使われていたそうです。元々は鉱業で栄えていたため金属で作られていましたが、現在は木製のものが主流で、キャンドルや人形を飾るものとなっています。

よく見ると、ページに掲載されている写真の装飾にたくさんのクリスマスアーチが写っていますので、探してみてください!

マーケットの開催場所・開催時期

マーケットが開いている時間を確認しましょう。

営業時間

10:00am〜9:00pm
※なお12/24は10:00am〜2:00pm

開催場所

住所:Altmarkt 23, 01067 Dresden, ドイツ

 電車やバスの到着地ドレスデン中央駅から徒歩15分程度

開催期間

11月下旬から12月24日まで
  2017年は11/24〜12/24
  2018年は11/28〜12/24
  2019年は11/27〜12/24
※クリスマス当日とそれ以降は開催しておりませんので、ご注意ください!

ドレスデンクリスマスマーケットの見どころ

クリスマスマーケットに行く前に、見どころをチェックしておきましょう。

装飾が美しい幻想的な空間

見どころはクリスマスマーケットそのものの幻想的な装飾と飾りです。ここはまるで天国のような幻想的な世界です。大人でもワクワクした気持ちになれます。

まずは、マーケットのメルヘンチックな空間に足を運んで、ツリーやメリーゴーランド、屋台の可愛い装飾の数々を思う存分楽しんでください。
昼と夜では、マーケットは全く違う顔を見せます。明るいうちにクリスマスマーケットを訪れると、屋台の上にある小さな装飾までしっかり見ることができるでしょう。
飽きることなく1日に何度訪れても飽きない夢の空間を楽しんでください。

伝統工芸のクリスマスアーチ

伝統工芸の「クリスマスアーチ」もまた見どころの一つです。あらゆる看板や屋台の装飾にも使われており、屋台では飾り物としてクリスマスアーチがたくさん売られています。
あらゆる形があり、平たいものから立体的なものまで様々です。
ライトやろうそくで装飾されており、幻想的な光を放つ飾りに見とれてしまいます。
見ているだけでも楽しくなるようなクリスマスの飾りものの数々ですが、おみやげに一つ買ってみるのも良いでしょう。

ドイツ東部で有名なソーセージ「テューリンガー」

巨大なソーセージをこんがり焼いた名物料理ティーリンガーが最高に美味しいです!ソーセージはドイツ全土で有名ですが、歯ごたえのあるパンに挟んで食べるほくほくのソーセージは格別です。
ちなみに、ソーセージ以外にもステーキなどを挟むこともでき、どれも冷えた体に染み渡る美味しさです。

グリューワインなどの温かい飲み物

グリューワインやホットビール、ノンアルコールとしてホットチョコレートなど体を温めるあらゆるホットドリンクが販売されています。特に、グリューワインは大人気で、赤ワインに砂糖や香辛料を入れて温められたホットワインです。
また、それらの飲み物はマーケットのオリジナルマグカップに入れて提供されます。(※下の写真はホットチョコレートです。)
なお、マグカップは記念に持ち帰ることもできますし、返却するとデポジットで上乗せされていたお金を返してもらえます。

宿泊すべき?日帰り可能か?

答えは、宿泊も日帰りもどちらも可能です!

ドレスデンでは、暗くなる時間が早いです。日の入り時刻は、11月下旬なら16:30頃、12月なら16:00前くらいです。30分後にはだいぶ暗くなり17時には真っ暗になるので、少し楽しんでそのまま日帰りで帰ることも可能だと思います。

ドレスデンのSunrise/Sunset情報詳細はこちらを。
http://sunrise.maplogs.com/ja/dresden_germany.41327.html

日帰りの場合(バス)

日帰りの場合、昼までにドレスデンに来て観光しつつマーケットに行き、暗くなった後にもう一度マーケットを見てから、その日のうちに移動することも可能だと思います。ベルリンやフランクフルトまで深夜11時くらいまでバスがあるようです。

私が利用したバスの予約サイトのリンクも一応貼っておきます。
ドイツ語のサイトですが、使いやすいのですぐ検索できると思います。スマートフォンで予約画面を表示できるので、印刷できない環境でも大丈夫です。

 

宿泊の場合(ホテルの場所)

宿泊の場合は、マーケットでお買い物をしたり、寒くなった時にすぐにホテルに戻ったり自由に行動するために、マーケットの近くに宿泊するのがおすすめです。

位置関係はこんな感じです。

駅から、マーケットまでは15分程度でそこまで遠くありませんが、行き来するのはすこし面倒かもしれません。ドレスデンの観光名所となるツィンガー宮殿・博物館やフラウエン教会の近くでもクリスマスマーケットが開かれています。
できれば、それらの中間地点にあるホテルを選ぶと行動しやすいでしょう。

 

今回筆者が宿泊したホテルは立地条件が良い「AMEDIA Hotel Dresden」を選びましたが、コスパが良く大正解でした。部屋の中は、非常に綺麗で、ヨーロッパでは珍しくきちんとアメニティが用意されていました。このホテルは、ドイツに数多くあるホテルで、こだわりがないのであればここで十分(むしろ大満足)でした。

このホテルはここから予約できます。
AMEDIA Hotel Dresden

旅の思い出にマーケットの昼夜の様子を動画にしてみました。よろしければ、ご覧ください!

それでは、良い旅を・・・



Booking.com



記事がLovelyだったらポチをお願いします♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ


tami

ロンドンに住むアラサーレディ。TokyoとLondonを中心に活動中。趣味は旅行でヨーロッパ旅行を記事にする。

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です